« 賑やかなダイエット療法? | Main | ライブドアVSフジテレビ・・和解! »

March 21, 2005

突然!大地震!

皆さん・・地震対策はできてますか。それとも・・・
・・覚悟を決めていらっしゃいますか?

非常に不安ですよね。免震構造に建て直すか、
引っ越す事は簡単には出来ませんよね。

せめても、地震予知システムを早く確立してもらいたいものですね。
前兆10日前より、刻々と精度を上げ、3日前には避難勧告と・・・
そうなれば、緊急避難によるパニックも起きませんよね。

中央防災会議でも、30年経る毎に70%の確立でマグニチュード
7以上の大地震が起きると警告しています。
・・既に1923年の関東大震災から82年経っています。

3ヶ月前のスマトラ地震、昨年10月の中越地震や10年前の阪神大震災、
は未だ記憶に新しいですね。

毎年予算を大きく使っているので、各地震研究機関でも、もうそろそろ
研究の成果が出てきても良さそうですね。

筑波の国土地理院ではGPSを用いて1年間の地殻変動を観測しましたね。
東北地区は平均3cm西へ変動していたそうです。

そのほかに別視点からの観測が出来る設備をも設置しているそうです。

いよいよ地震予知が出来るのかと思われるかもしれませんが、
後10年経っても、成果が上がらないだろうと、噂されています。

各研究者の諸説が対立し、政治的、権威的手法が目立ち、
本来の科学的手法が思う様に進まないらしいのです。

皆さんも聞かされている”プレート移動説”。
太平洋・フイリピン海溝プレートが日本列島に潜り込んで、

ある期間を経て歪みが溜まり、耐えられなくなって、反動反発し、
その時の振動が地震であると思わされていましたよね。

でも、素朴にも疑問がわきます。プレートの境界線や面では、連続した
震源列ができるはずですよね。それが点になって報告されて
いるんですよ。・・弱い局部だからと、追加説明しているんです。

丁度そんな時、スマトラ沖地震の起きた瞬間を上空からの記録フィルムが
テレビにながれ、目を擦りました。丁度数珠球の様に点と思える波紋が

次々と、時間差を持ちながら、生まれ、繋がり、やがて線となった波紋が、
津波として東西に広がって行く光景に釘ずけになりました。驚きました。

そうなんです。これが真実の現象だったんです。むりやりプレート説に
当てはめる報道は、さすがに・・ありませんでした。

そんな折、”地震爆発説”があると言う事を知りました。
地震のミナモトは、地下爆発がスベテである・・のだそうです。

地殻30~60KMより深部はマントル層になっていますが、一部流動化した
マグマが上昇し、数十年数百年かけて溜まっているそうです。

一方地下水脈等から深降した水分が高温高圧で超臨界水と成り、
更に酸素と水素に熱解離し、やはり、じわりじわりと溜まるそうです。

それが活断層と今、言われている過去の痕跡周辺深部のマグマの近くにです。
断層の痕跡とは、過去の地下爆発の影響で、残った傷跡の事です。

やがて更に高温化し爆発し、亀裂を作り、そこへ、マグマが流れ込み、
更なる大爆発になるそうです。一瞬大膨張します。

それが上部地殻を目掛けて、垂直方向に、メガホン状に押し上げるんだそうです。
これが地表面近くで、ヒビ割レ(逆断層)やズレ(断層ズレ)を引き起こすのです。

側面にも圧縮膨張波が伝わり、やはり過去爆発した深部震源跡
(再発条件が整い易い)や解離ガスとマグマがセットされた個所
を誘発させ、次々と時間差爆発となります。長短差はあります。

単に浅部に上昇したマグマは火山ガス爆発となるそうです。
それぞれ規模や深度の違いにより地震現象は異なります。

このメカニズムの元で、初めて、地震前兆現象や余震が生まれる
不思議さを説明出来るのです。

それでは前兆とは何か?・・古来から言われているナマズが騒ぐ。
動物に異常動作がみえる。・・怪光、怪音、水蒸気・炭酸ガス・水素ガス
泥水・焔噴出。竜巻状の雲。井戸の水位が変動。

もう少し科学的には、地電流・地磁波の発生・磁場変化が分かって来ており、
伴って上空イオン濃度変化があります。ここに前兆予知の頼りどころがあります。

既に施設研究所・企業・有志の方々の間で種々の観測網を準備されているようです。
2年前、精度(時間・特定地域)が未だ研究途上だったようですが、地震予知を公に
された八ヶ岳南麓天文台地震前兆観測研究センターが有名ですね。

この方々に、国の予算をつけて働いて頂ければ、10年以内には地震予知システムが
確立している事は確実と思います。発表するにも、過剰感度にならず、
大地震のみに公表を実施する事も重要な要素のひとつです。

この原稿を書いている間にも福岡沖地震(3/20/10:53)震度6弱M7深さ9KM
が起きました。被害もあったようです。

テレビは局内の揺れを実況し、直ちに津波情報を出さず、各地域震度を原稿読みを
繰り返すばかりでした。現地撮影やウエブサイト情報を集める事が先ですよね。
自衛隊出動も午後3時半だそうです。その後は野次馬的取材情報を流してました。

一刻も早く国の方針が以上の地震予知システム確立に動いて頂きたいものですね。

日経アーキテクチュアdoor 地震に強い家
日経アーキテクチュア
日経BP出版センター (2005/03/02)
売り上げランキング: 1,401
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4
4 我が家は自己責任!
ドキュメント新潟県中越地震―10・27奇跡の救出
Jレスキュー編集部
イカロス出版 (2005/02)
売り上げランキング: 15,378
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 5
5 あの救助の裏にはたくさんの人々が関わっていた

|

« 賑やかなダイエット療法? | Main | ライブドアVSフジテレビ・・和解! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80946/3374761

Listed below are links to weblogs that reference 突然!大地震!:

» 福岡県西方沖 M7.0 震度6弱を発生率40%として予知[地震注意報] [地震注意報 EarthquakeAlert]
地震注意報 EarthaqukeAlert SeismeAlerte -Mail [Read More]

Tracked on March 21, 2005 at 08:50 PM

» スマトラ地震救援情報ブログ [Turbo-log]
日本人にできること、やっていきませんか? スマトラ地震救援情報ブログ [Read More]

Tracked on March 31, 2005 at 03:07 AM

« 賑やかなダイエット療法? | Main | ライブドアVSフジテレビ・・和解! »