« 紫外線対策は出来ていますか? | Main | 梅雨入り宣言! 間近の本州 »

May 18, 2005

オゾンホール 地球のバリアは破壊が進んでいます。

最近ますます深刻になりつつあるオゾン層
破壊の実態とその対策についてお話します。

オゾン層は20~30km上空の成層圏にある
薄い層で、地球をすっぽり覆っています。
実は希薄で境が曖昧な層なのです。
1気圧に圧縮換算した結果、たった3mmの
厚さしかありません。

地球は46億年前に誕生しました。
原始の大気は窒素・炭酸ガス・水蒸気
メタン・アンモニア・水素等が想定できます。
しかし、酸素は無かったようです。

原始の海に誕生した単細胞生物の一部は、
ストロマトライトの様な光合成生物に進化し、
約32億年もの気の遠くなるような
長期間、酸素を作り続けました。

原始海藻の様な水中植物の働きで徐々に
大気中に酸素がたまり、同時に、珊瑚等が
光合成でCO2を吸収し、炭酸カルシュウム
に固化し、減少し、大気の温室効果、
温暖化現象も無くなりました。

その結果、地球は充分な酸素で覆われ、
その内ほんの一部がオゾンO3になり、
オゾン層を形づくっていきました。

4億年前にこの層ができたことで
有害な紫外線B波が遮断されるようになり、
陸上へ生物が進出できるようになりました。

オゾンというのは安定な酸素分子O2に紫外線が
当たって酸素原子Oに分解され、周りにある
酸素分子O2と結合しオゾンO3に変わります。

しかし、エネルギーが高く、分子として不安定なので、
じきに元の酸素分子O2に戻ってしまいます。

太陽から紫外線が注がれている限りは、
次々とオゾンが作られ、結局オゾンの量
が多い平衡状態になるのです。

オゾンホールはなぜ南極にあるのでしょうか?
お答えします。

北極と南極には極夜という現象があります。
極夜は半年毎に南北極に起こっています。
紫外線が降り注がれ無い時期です。
地軸が傾いているので交互に起こります。
北極ではその時ホールは出来ます。
しかし、すぐに周りからオゾン流が流れ込み
消滅します。

南極には広大な大陸があります。そこで生じた
上昇気流の渦で周りからオゾン流が入れません。
極夜ばかりか、極昼にもぽっかりホールが
出来るのです。

NASAのデータによると、地球を覆っている
オゾン層は年々薄くなっており、南極の
オゾンホールは拡大し続けています。
2000年には日本の面積の100倍以上になり、
過去最大を記録しました。

この大切なバリアであるオゾン層を破壊しているのは、
人間が作り出したフロンという化学物質だったのです。

1928年に発明されたフロンは、無臭、不燃、無害で
かつ非常に安定した性質を持っていました。

便利な上、コストも安いフロン化合物が大量生産
されたため、私たちのまわりでさまざまな用途で
フロン製品が出回り始めました。

大気中に放出されたフロンは、空気より重い性質の
ためゆっくり暖められ上昇し、およそ15年という
長い歳月をかけてオゾン層に到達します。

フロンに紫外線があたると、フロンのなかから
塩素原子が飛び出し、この塩素が触媒作用によって、
約10万個のオゾンを連鎖式に壊してしまいます。

フロンには大きな破壊力がある事実が解ってきました。
しかし同様のハロンは更に10倍の破壊力があります。
消費量が少ないのに規制対象扱いはもっともです。
フロンのフッ素が臭素に起き替ったものです。

当然フロンは禁止、代替フロンとして開発中のHFC
がありますが、温室効果等問題を残しています。

ところで、紫外線は生物が体内でビタミンD2をつくるの
に必要なのですが、それは紫外線A波のことです。

ここでいう紫外線B波は、より波長の短いもので、
今まではオゾン層がこれを遮断していたために、
地表にはほとんど降り注ぐことはありませんでした。
紫外線B波を多量に浴びると、DNAを破壊して
しまうということが明らかにされています。

それでも、B波の良いところは、皮膚や肝臓に蓄えられた
ビタミンD2をビタミンD3に変える役目をします。
スーパービタミンに変えるのです。

実はオゾンホールが生じた時、普段地上に照射しない、
最も短波長のC波が到達し、確実に皮膚癌へ移行します。

B波だけでも私達人間を含むすべての生命のDNAにダメージ
を与え、失明や皮膚がんだけでなく、免疫低下により、
エイズなどの病気にもかかりやすくさせてしまうのです。

私たちを有害紫外線から守っているオゾン層がなくなってしまうと、
どうなるのでしょうか。オゾン層が形成される4億年前の地球では
陸上生命はまったく存在しませんでした。同様にオゾン層が
無くなるとすべての生き物は陸上では生存不可能なのです。
また、フロンのもうひとつの特性として、地球温暖化を引き起す非常
に強力な温室ガス効果をもっているということも忘れてはなりません。

ホット蛙!!周りのじわりじわりの変化に気がつかずに
茹で上がってしまう現代的ことわざがありますよね?

オゾンホールが大きくなったって自分には影響がないと
思われていませんか。実は日本にも影響が大きいのです。

希薄なオゾン層がすっぽりと地球を覆っているはずの一部だけ
にホールがあり、大きくなるのは、それだけオゾン層が希薄さを
増し、相対的厚みがうすくなった事なのです。

従って、20年前の数倍のB波が地上に降り注ぐ事になるのです。
あなどらずに、紫外線対策で乗り切った人との差が出てきます。

オーストラリアでは長袖を着ること、日焼け止めローションを塗ること、
帽子をかぶること、サングラスなどで目を覆うことをスローガンに挙げ、
直射日光を避けるように呼びかけているのをご存知ですか?

|

« 紫外線対策は出来ていますか? | Main | 梅雨入り宣言! 間近の本州 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80946/4174877

Listed below are links to weblogs that reference オゾンホール 地球のバリアは破壊が進んでいます。:

« 紫外線対策は出来ていますか? | Main | 梅雨入り宣言! 間近の本州 »